timeless ch|永久保存板

芸能ニュースや話題の2chまとめサイト。「おもしろい」画像や記事をまとめた情報をお届けします。



    未確認生物(UMA)



    1: timeless 2016/11/08(火) 09:08:22.69 BE:415581673-PLT(18000) ポイント特典ID:P2u1hJV/0
    2013年には、フダ沖で捕獲されたオオメジロザメという胎生のサメの子宮内から双頭の胎児が見つかって話題になったし、 2008年にはインド洋でも双頭のヨシキリザメの胎児が発見されている。
     2011年には、カリフォルニア湾内とメキシコの北西沖で捕獲されたメスのヨシキリザメの子宮内から発見された双頭の胎児を詳しく調べた論文も発表されている。
    実は、これまでに双頭の胎児が発見されているサメのほとんどがヨシキリザメだ。2011年の論文で研究チームを率いたメキシコ国立工科大学のフェリペ・ガルバン・マガーニャ氏によると、
    ヨシキリザメの子宮には一度に50匹近くも胎児が入っていることがあり、数が多い分、奇形が見つかりやすいのだという。(参考記事:「世界でサメを撮ってきた」)

    今回の発見には特別な意味がある。トラザメのような卵生のサメで双頭の胎児が発見されたのは、これが初めてなのだ。(参考記事:「共食いも胎盤も! サメは「繁殖様式のデパート」」)
    双頭のサメはめったに見つからないので、突然変異の原因を特定するのは難しい
    サンス・コーマ氏らによると、双頭の突然変異の原因は遺伝子の異常にあるようだ。この胎児はほかの800匹近くの胎児と一緒に実験室で育てられていたため、
    研究者たちの知るかぎり、サメの卵はいかなる感染症、化学物質、放射線にもさらされていなかった。(参考記事:「動物の奇形:3つ目のカニ、双頭のカメ」)
    一方、野生のサメの奇形については、ウイルス感染症、代謝障害、汚染のほかにも、乱獲で遺伝子の多様性が失われたことによる遺伝的異常など、さまざまな原因が考えられる。(参考記事:「イルカの健康被害、原油流出の影響か」)

    no title

    no title

    no title


    ソース抜粋
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/110700421/



    この記事の続きを読む ≫

    森に野生動物観察の為カメラを設置→謎の全裸男が暴れまわる姿が撮影される



    1: timeless 2016/11/03(木) 16:49:30.99 ID:0a6mjGGb0
    La vida salvaje en los bosques estadounidenses a veces muestra facetas fascinantes o estrafalarias.
    Y, en ocasiones, los seres humanos tratan de hacerle la competencia a la fauna, literalmente, a flor de piel.

    Algo asi es lo que sucedio en un bosque en Virginia. Como narra el portal Motherboard,
    investigadores de la universidad Virginia Tech usualmente colocan camaras en parajes forestales
    inhospitos para tratar de captar la actividad de animales que dificilmente son observables de otro modo,
    sobre todo ciervos y ciertas especies carnivoras, como coyotes, osos y felinos.

    no title

    no title



    この記事の続きを読む ≫

    1: timeless 2016/07/21(木)20:23:18 ID:BZz
    【化石】600万年前の地層から発見 新種のイルカの化石公開[2016/07/21]

    600万年前の地層から発見 新種のイルカの化石公開[平成28年7月21日(木)甲辰五黄大安奎収]

    千葉県鋸南町のおよそ600万年前の地層から発見されていたイルカの化石が、新種のイルカであることが分かり、
    千葉市の博物館で特別に公開されています。
    特別公開されているのは、千葉県鋸南町のおよそ600万年前の地層から24年前に発見されていたイルカの頭の骨の化石の一部です。
    古生物学が専門の秀明大学の村上瑞季助教が、保管されていた化石を詳しく調べたところ、
    鼻の骨が厚いなどの特徴が見つかり、新種のイルカであることが分かったということで、
    化石が見つかった地域の名前「安房」にちなんで「アワイルカ」と命名されました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160720/k10010602171000.html

    全文はソースで
    no title



    この記事の続きを読む ≫

    1: timeless 2016/10/31(月) 12:47:24.60 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典ID:sDtJrK1U0
    脳組織はデリケートで、まっ先に腐敗してしまうため、化石になることはめったにない。
    だが、2004年に英国サ仲良くの浜辺で発見された1億3300万年前の恐竜の化石に、驚くべきことに脳の組織が含まれていたことが、米国ユタ州で開催された脊椎動物古生物学会の年次総会で発表された。

     この化石は、白亜紀前期に生息していた代表的な草食恐竜イグアノドンの仲間のもので、大部分は、頭蓋骨の内側に入り込んだ「エンドキャスト(頭蓋内鋳型)」と呼ばれる堆積物だった。
    古代の動物の脳については、普通はこうしたエンドキャストからの間接的な情報に頼らざるをえない。

    しかし、今回はエンドキャストの上面に脳組織が石化したような微細構造が見られた。

    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/103000409/
    no title



    この記事の続きを読む ≫

    1: timeless 2016/10/20(木) 17:17:19.99 _USER9ID:CAP
    第1次世界大戦中に海上で謎の怪物に遭遇して撃沈されたと伝えられるドイツの潜水艦
    Uボートの可能性のある残骸が、英スコットランド沖の海底で発見されたことが20日までに
    分かった。

    残骸はスコットランドの電力会社が電力ケーブル敷設のために海底を調査していて発見。
    音波探査の結果、100年前に沈んだ艦体がほぼそのままの形で残っていることが分かった。
    専門家はこの艦体について、怪物に撃沈されたという伝説のある「UB-85」かもしれないと
    話している。

    同艦の艦長の証言として伝わる話によれば、UB-85が海上を航行していたところ、「奇妙な
    怪物」が水中から現れた。怪物は「巨大な目ととがった頭」を持ち、「月明りでも歯が光るのが
    見えた」とされる。

    怪物のあまりの巨大さのために艦体が傾き、乗員は怪物を銃撃していったんは海に沈めたが、
    この間に甲板の覆いが損傷して潜水能力を失ったという。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35090808.html
    no title



    この記事の続きを読む ≫

    このページのトップヘ