timeless ch|永久保存板

芸能ニュースや話題の2chまとめサイト。「おもしろい」画像や記事をまとめた情報をお届けします。



    マネー・金融・ビジネス

    1: timeless 2016/11/02(水) 13:25:06.42 _USER9ID:CAP
    現在、アイドルファン、しかも女性アイドルのファンだけの間で話題となっているサービスが有る。「Showroom」だ。
    ライブ動画ストリーミングプラットフォームを提供し、生配信を行いながらファンから「お布施」を受けることができるサイトとなっている。

    LIVE - LINEやニコニコ生放送、AbemaTVなど世間を賑わしている生放送は数多いが、この一般的には全く知名度のない「Showroom」とは一体なんなのか?

    「元々はMobageで知られる株式会社DeNAが運営をしていたサイトで、DeNAを作り出した南場智子が“5年かけて口説き落とした”と
    経済サイトなどで話題となった前田裕二というプロデューサーが独立する形でSHOWROOM株式会社を設立した」(IT系ライター談)

    そして今、このShowroomを舞台に、秋元康が暗躍しているという。その前にShowroom自体に問題があったと話すのは、前述のIT系ライターだ。

    「まずこのサービスですが、知名度がない割に高収益を上げるサービスとしてウワサになっていいました。
    はっきりと公表はされていないのですが、アイドルが生放送をしている時間内でファンがアイテムを課金しアイドルへ送る。
    中には高額なアイテムなども存在し、熱狂的なファンは一回の放送で数十万円使うこともあったとか。
    アイテムのランクにより順位付けをし、課金を煽るシステムとなり、ファンとしては高額なアイテムを購入せざるをえない状況に追い込む。
    この課金をしたアイテムは勿論、実際に手元に残らないデジタルコンテンツなわけで傍から見たら握手券に数十万円使うよりも馬鹿らしい物になっています」

    そして、ここに目をつけたのが、秋元康だ。

    「AKB48グループのメンバーは、現在専用のiPhoneを渡され自宅でも撮影して生放送をするように指示されていると聞きます。
    握手券に変わるツールとして、秋元康の号令のもとに行われているようです。
    元々は、CD販売に影響するといってこうした企画に否定的だった秋元でしたが、
    プロデュース料というかたちでかなりの額のギャラが支払われることが決まってからは乗り気に。
    有料課金アイテムの売上の何割かを獲得できる契約となっているようです。

    しかも、現在は乃木坂46などの番組も手がけ始め、一気に稼ぐ体制に入っているという。
    あまりに課金に対して高額請求などもあるので、一時、AKB48グループメンバーはイメージ悪化を恐れ有料の課金アイテム使用禁止などもありました。
    しかし、現在はツイッター上で報告がされていますが、番組によって有料の課金アイテムをOKにするなどなし崩し的に儲ける手段を模索しているようです」(アイドル雑誌編集談)

    さらに問題は、AKB48の運営が蚊帳の外だということらしい。

    「秋元氏はAKB48関連の珍グッズを販売するブランジスタというIT企業に深く関与していることは有名ですが、このSHOWROOMにも関与していると言われる。
    その中で、AKB48の運営母体であるAKSがブランジスタやSHOWROOMの事業にほとんど関与していないという話が浮上しています。
    現場のマネージャーに至っては、担当しているメンバーが勝手に自宅で「Showroom」の生配信をしていることもあり、放送を見て知ることもあるとか。
    一部の有名メンバーには、課金の何%かは渡しているようで小遣い稼ぎにせっせと生配信しているようです。

    現に、吉本興業が運営母体のNMB48メンバーはほとんど登場しない。秋元氏が好き勝手に出来るAKS所属のタレントを使って金稼ぎをしている。
    今後、ソニーが母体の乃木坂46に関しては客寄せのために「Showroom」へ出演はさせるが
    有料の課金アイテムに関しては制限を設けてうまく調整するとみられているようです」(スポーツ新聞記者談)

    もはや金のためならばAKB48メンバーを徹底的に利用する秋元康。だが、この「Showroom」も今後大ヒットする配信サービスになるかどうかはわからない。
    AKB48メンバーと同じく、利用するだけして使えなくなったらポイ捨てしてしまいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1221381/
    2016.11.02 09:00 トカナ
    no title



    この記事の続きを読む ≫

    1: timeless 2016/10/29(土) 21:53:27.26 9
    http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20161027/Techinsight_20161027_313164.html

    米ニューヨーク、ホープウェル・ジャンクションで生活保護を受けている64歳の女性が、「滅多にない自分へのご褒美」として、20ドル(約2,000円)でKFCのバケツに入ったチキンを買った。ところがその蓋を開けてみると、チキンが容器の半分ほどしか入っておらず、女性は「宣伝内容と違う!」と激昂。KFC相手に多額の損害賠償を請求しているというニュースが英米紙で報じられた。

    テレビの宣伝では、山盛りになって蓋さえ閉まらないほどバケツにチキンが溢れていたのに、自分が買ったバケツには「チキンはどこ?」と思ってしまうほどの量しか入っていなかったとアナ・ワーツバーガーさんは『New York Post』に語った。

    「家族で食べられるとか言って宣伝してるけど、全然そんな量が入ってないわよ。宣伝は全くの嘘。あれじゃあ、家族全員なんてとてもじゃないけど食べられないわ」と怒ったワーツバーガーさんは、ジョージア州にあるKFC本部へ苦情の電話を入れた。

    するとKFC側は「宣伝では、チキンが視聴者にきちんと見えるように顕著にしてあるだけだ」と答えたという。ワーツバーガーさんは「視聴者に分からせたいなら、チキンをバケツではなく皿に入れればいい。くだらない言い訳をするなんて。客は宣伝の通りだと思って買うに決まってる」と反論した。そしてワーツバーガーさんは、KFCへ「嘘の宣伝をした」ことの損害賠償金を請求するため、また宣伝内容を変更させるために弁護士を雇った。

    ワーツバーガーさんが請求した金額はなんと2,000万ドル(約20億円)だ。KFCのスポークスマンは英紙『Metro』に「このクレームはあまりにもバカバカしい。裁判所に一件を取り下げるように言うつもりです」と話している。

    なお同紙によると、KFC側は「お詫び」として商品券を2枚送ったが、ワーツバーガーさんはこれを受け取らなかったという。
    no title



    この記事の続きを読む ≫

    1: timeless 2016/10/27(木) 17:23:36.38 _USER9ID:CAP
    「収入が増えない……」と嘆く人に共通しているのは、お金に対して受け身の立場でいることだと思います。

     常に雇い主の庇護(ひご)下にいて自分が提供する役務の対価としてお金をもらう。それが当たり前だと思っていると、大半の人はいざお金を稼ごうと思っても時給を上げることか、仕事を掛け持ちすることしか思い付かないのが実態です。

     正社員であろうとアルバイトであろうと、時給で働く行為は基本的に自分の「時間」を雇用主に売っていることになります。

     これは独立しても同様で、案件ごとに決まった報酬をもらっている限り、商品は自分の時間です。

     時給で稼ぐ行為にはデメリットが3つあります。最大のデメリットは商品が自分の時間である限り、売り上げに上限があることです。仮に時給3000円の仕事を1日12時間、休まず続けたとしても年間で1314万円。多いか少ないかはさておき、上限が見えていることがポイントです。

     もう一つのデメリットは時間を売り過ぎると機会損失の恐れがあること。自己研さんや人脈構築の時間に充てていればもっと収入が増えるかもしれないのに、仕事に追われているとそういったチャンスを逃す可能性が高まります。

     最後のデメリットは、時間売りのマーケットは得てして買い手市場なので単価が安いこと。海外の安い労働力やAI(人工知能)の発達でマーケットそのものがなくなる分野も出てくるでしょう。

    ■寝ている間にもお金を生む

     大富豪になる人が念頭に置いているのは、「いかに自分の時間を売らないで済むか」。時間が買えるのであれば積極的に買いますし、その実現のためには自分の時間を売らなくてもお金が生まれる「仕組み」をいかに作れるかが勝負です。「寝ている間にもお金が生み出せるのかどうか」と表現すれば分かりやすいでしょう。

     その仕組みの代表格が「人を雇う立場になること」です。人を雇うことは、他人の時間を買って、その時給より大きな収益を上げてもらうことでお金が増えていく「仕組み」そのものです。最近ではクラウドソーシングの普及によって、時間単位で、誰でも簡単に人を雇うことができる時代になりました。

     また、このように人を雇わなくても仕組みは作れます。サラリーマンであれば投資やアフィリエイト。ライターやカメラマンであれば印税。エンジニアやデザイナーであれば成功報酬。小売りや飲食のオーナーであればフランチャイズフィーなど。

     対時間、対労力を考えた時に、より大きな収益が上げられる仕組みはないか。この問いを持てるかどうかが普通の人と大富豪との分かれ目です。

    http://style.nikkei.com/article/DGXMZO07670610X20C16A9000000?channel=DF270920161006&style=1


    no title



    この記事の続きを読む ≫

    1: timeless 2016/10/29(土) 12:00:06.44 9
    2016.10.29 11:29
     山梨県は28日、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(名古屋市)が販売した2リットルのペットボトル入り飲料水「富士山麓のきれいな水」に
    臭素酸が基準値を超えて検出されたとして、食品衛生法違反に基づき回収命令を出したと発表した。健康被害の報告はない。

     県によると、対象は今年8月15日に「富士ピュア」(山梨県西桂町)東工場で製造された約4万5千本。商品は全て県外に出荷されたという。

     県の定期検査で、基準値の倍となる1リットル当たり0・02ミリグラムの臭素酸が検出された。
    商品を毎日27・5リットル以上摂取しない限り、人体に影響はないという。県は殺菌での工程が影響した可能性があるとみている。

    http://www.sankei.com/affairs/news/161029/afr1610290011-n1.html?view=pc
    no title



    この記事の続きを読む ≫



    1: timeless 2016/10/28(金) 22:55:11.25 9
     時価1億円とも言われるイタリア製高級スポーツカーのフェラーリF40が8月、静岡県函南町の建物から
    盗まれていたことが26日、わかった。

     F40は、フェラーリ社の創業40周年を記念して1987年に発表された限定車。県警は、F40の希少
    性を知る者が、盗み出した窃盗事件とみて捜査している。

     関係者らによると、F40は横浜市の男性が所有。男性の知人が車庫として使っていたシャッター付きの
    建物内にあったが8月30日朝、男性の知人がなくなっているのに気づいたという。

     建物内でF40の手前に置いてあった知人の車はカギが壊され、外に運び出されていた。男性は三島署に
    被害届を提出し、同署はF40の価値を知る者が組織的に盗み出した可能性も視野に捜査している。

     千葉県のフェラーリ専門店によると、F40が発表された1987年の翌年に創業者のエンツォ・フェラーリ
    氏が他界。同氏が手がけた最後のモデルとしても知られる。約1300台が生産され、国内では4500万円
    ほどで販売されたという。バブル期には2億円以上で取引されることもあり、「走る不動産」と呼ばれた。

     価格はその後、落ち着いていたが、近年、欧米で高級スポーツカーが投機目的で売買されるようになり、再び
    高騰。現在は6000万~1億円ほどの価格が付けられるという。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20161027-OYT1T50000.html
    no title

    函南町で盗まれた物と同型のイタリア製高級スポーツカー「フェラーリF40」

    時価1億円、フェラーリF40盗難に対する反応↓



    この記事の続きを読む ≫

    このページのトップヘ