timeless ch|永久保存板

芸能ニュースや話題の2chまとめサイト。「おもしろい」画像や記事をまとめた情報をお届けします。



    自然・宇宙

    70年ぶりのエクストラスーパームーンが地震と大いに関わっていそう。 

    月が持つ引力が地震の引き金となって、プレートに少なからず影響を与えている可能性が高い。

    20161113195625

    Twitterでは「怖くて寝られない」「ニュージランド、アルゼンチンときたら…」など不安の声が上がっている模様。






























    エクストラスーパームーンが大地震の前兆か。2ch民の反応↓


    いよいよ11月14日が訪れて、結果がわかる時が来るが、当日を過ぎても安心はでき無い。
    しばらくの時間差の後に何らかの影響がおこり、地震に繋がる可能性は十分に高い。


    1: timeless 2016/11/13(日) 23:34:11.72 _USER9ID:CAP
     今月14日に約70年ぶりとなる超巨大「スーパームーン」が現れる。次は18年後ということもあり、すでに「スーパームーン観賞ツアー」が組まれるなど大盛り上がりだが、一方で、「大地震が起きる」と、ネット上では大騒ぎになっている。

     スーパームーンは月が地球に最も近づいた時に満月や新月を迎える現象。今回は通常よりも14%大きく、30%明るい。今世紀最大ともいわれているが、ネット住民が恐れるのにもワケがある。

     過去にスーパームーンがあった直後、「スマトラ沖地震」や「東日本大震災」などの大地震が発生しているからだ。前回の巨大スーパームーンが出た1948年1月の前日にもフィリピン・パナイ島近くを震源とするM8・2の巨大地震が起きている。

    ■月の引力で地球が引っ張られると地震が?

     しかも、今年9月には東大の地震科学研究グループの井出哲教授らが、「巨大地震は、月の引力が強くはたらく時に発生しやすくなる」という研究結果を英科学誌「ネイチャー」に発表している。ネット住民が騒ぎ立てるのも無理はない。やっぱり11月14日の前後に地震が発生するのか。

    「月が地球に近づくと、その引力で地球が引っ張られ、地震が起きると考える学者もいます。その説を当てはめると、月が地球に最も近づく今回は巨大地震を引き起こす可能性が高いわけです」(武蔵野学院大特任教授・島村英紀氏=地震学)

     今年は熊本や鳥取などで大きな地震が頻発。いずれも予想外な場所で起きているだけに心配だ。

    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000018-nkgendai-life



    この記事の続きを読む ≫

    先ほどニュージーランドでマグニチュード7.8の地震が発生

     

    sdf

    CxI1nULUcAAFi5W
    o-NEWZEALAND-EARTHQUAKE-570
    CxI1nURUAAE19IL







     
    この記事の続きを読む ≫

    70年ぶりのスーパームーンで11月14日に巨大な地震が起こると言われている。月の引力によるものなのでしょうか。


    過去の調べでも、月の引力の影響で起こる潮の満ち引きに巨大地震が関係している事が判明。

    e42b99d59954ce6437e66f416850425a


    スーパームーンに関する動画↓




    月の引力に地震が大きく関わっているという研究結果も出ている。


    東大の井出哲教授らチームの研究
     

     東日本大震災のような巨大地震は、潮の満ち引きの原因となる月の引力が強く働く大潮などの時に発生しやすくなるとの研究結果を、東京大の井出哲教授らのチームが12日付の英科学誌ネイチャージオサイエンス電子版に発表した。

       月の引力によって海の水位が変わるように、地面の中の圧力にも変化が起きる。この変化は地震によって解放されるエネルギーと比べると非常に小さいが、大地震へ進展する一押しとなり得ることを示した。

       チームは「力が大きな日には、小さな岩石の破壊が大きな地震へと成長しやすくなるのかもしれない」としている。

       月の引力が地震と関係しているとの研究は過去にもあったが、今回は1万以上の地震データを使い、地震前からの変化を詳しく調べたのが特徴。

       チームは約15日周期で変化する潮の満ち引きを起こす力が、地震の前日に震源付近でどのように働いていたかを分析した。すると、2004年のスマトラ沖地震や11年の東日本大震災を含むマグニチュード(M)8.2以上の巨大地震12例のうち9例は、15日間の中で特に力が強い日だった。

       M5.5レベルの地震の場合、この力が強い時も弱い時も起きており、明確な関連は見られなかった。




      引用元:毎日新聞




       
      この記事の続きを読む ≫

      1: timeless 2016/07/09(土)21:13:06 ID:9ET
      【化石】海洋生物の大規模絶滅、原因は隕石の衝突 化石に証拠[2016/07/09]

      海洋生物の大規模絶滅、原因は隕石の衝突 化石に証拠[平成28年7月9日(土)壬辰八白大安?収]

       今から約2億1500万年前(三畳紀後期)の巨大隕石(いんせき)の衝突によって、
       海洋生物の大規模な絶滅が起きた証拠を見つけたと熊本大や東京大、高知大などの研究チームが発表した。
       英科学誌サイエンティフィック・リポーツに8日、論文が掲載された。

       研究チームによると、この隕石は推定で直径3・3~7・8キロ。
       恐竜絶滅の原因とされる6600万年前の天体衝突に次ぐ規模の環境変動が起きた可能性があるが、
       生態系への影響はよくわかっていなかった。

       研究チームは、岐阜県内にある三畳紀後期の地層を調査。
       海にすむ動物プランクトンで大きさが1ミリ以下の「放散虫」の化石の数や種類を分析した。
       その結果、衝突前の地層から見つかっていた21種のうち18種が、隕石の衝突を機に絶滅していたという。
       放散虫は、ケイ素などでできた骨格をもつため化石が残りやすく、こうした分析に適している。
       
       http://www.asahi.com/articles/ASJ7641YDJ76ULBJ003.html
       全文はソースで
      no title



      この記事の続きを読む ≫

      1: timeless 2016/08/08(月)20:56:08 ID:zLu

       産経新聞WESTによると、兵庫県南西部の赤穂市を中心とする地域は、約8200万年前にできた
      大規模なカルデラであるという。
       産業技術総合研究所による。
       東西約21キロ、南北約16キロに及ぶ。
       詳細は産経新聞WESTで。


      >巨大カルデラ 兵庫・赤穂に 阿蘇や姶良に匹敵、8200万年前に火山噴火 産総研
      2016.8.8 15:49 産経新聞WEST
      http://www.sankei.com/west/news/160808/wst1608080051-n1.html
      no title



      この記事の続きを読む ≫

      このページのトップヘ